このエントリーをはてなブックマークに追加

DHCのラクトフェリンの特徴とオススメポイント

ラクトフェリン,DHCのラクトフェリン

 

DHCのラクトフェリンの期待できる効果は、ダイエット効果やピロリ菌の除菌効果、腸内環境の改善などが挙げられます。

 

他にも期待できる効果は多数ありますが、ダイエット効果を目的に摂取している人が多いです。

 

女性の中には美肌効果を得るために摂取している人も大勢います。

 

DHCのラクトフェリンを摂取するとダイエット効果が期待できる理由は、基礎代謝を良くすることによって、体脂肪が燃焼しやすくなるためです。

 

また、体内での体脂肪の生成を抑制する働きもあるため、体脂肪が付きにくい体質を目指せます。

 

体脂肪が付きにくくなり、既に存在する体脂肪が燃焼することによって、無理のないダイエットに導いてくれます。

 

食事制限によるダイエットが失敗しやすいのは、一時的にダイエットに成功しても時間が経過するとリバウンドするからです。

 

リバウンドする理由はいろいろありますが、基礎代謝が低下していることが一番の理由であり、DHCのラクトフェリンを摂取して基礎代謝を高めるとリバウンドしにくくなります。

 

DHCのラクトフェリンを摂取するとピロリ菌の除菌効果が期待できますが、ピロリ菌を除菌できる理由は抗菌作用があるためです。

 

抗菌作用とは細菌の感染を防ぐ作用であり、主な原料である母乳には強い抗菌作用があります。

 

生まれたばかりの赤ちゃんは抵抗力が弱く、細菌やウイルスに感染しやすいですが、母乳の抗菌作用によって、赤ちゃんがウイルスや細菌に感染するのを防いでくれます。

 

腸内環境の改善の効果が期待できる理由は、摂取をすると生きた状態で腸まで届き、善玉菌の数を増やすことで腸内環境を整えます。腸内環境が改善されると抵抗力が強くなり、病気になりにくい体質に変わります。

 

また、便通が良くなり便秘が改善されることによって肌荒れが改善し、美肌効果も期待できます。

 

DHCのラクトフェリンの他にはない特徴として、1日分の3錠の中には乳酸菌が300mgも含有されていることが挙げられます。

 

乳酸菌は腸内環境を整える作用があり、乳酸菌を含有することによって、腸内環境を整える効果が一層アップします。

 

オリゴ糖も配合されており、オリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになるので、善玉菌を増やすことに大きく貢献します。

 

他のサプリメントにはない特徴として、飲みやすいように工夫していることも挙げられます。

 

飲みやすくするためにトローチタイプのヨーグルト味になっており、水なしで飲むことが可能です。

 

商品パッケージはパウチタイプであることも特徴で、サプリメントの劣化を防ぐことに貢献しています。

 

DHCのラクトフェリンの気をつけるべき副作用として、サプリメントであるため医薬品のような副作用はありませんが、1日の目安量を守って摂取することが大切です。

 

過剰摂取をすると腸内環境が悪化して逆効果になってしまいますので、過剰摂取をすることは厳禁です。

 

また、食物アレルギーがある人は原材料を確認して、アレルギーが出る成分を含んでいないのかを確認してから購入するようにします。

 

飲む時間帯は基本的にはいつでも構いませんが、食後に飲むと有効成分の消化吸収が促進されるため、食後に飲むことをおすすめします。

 

1日3回食後に1錠ずつ摂取するようにすると、1日当たりの必要量を摂取することが可能です。

 

その他の気をつける事として、病気の治療のために薬を服用している人は、薬との飲み合わせの問題がありますので、医師と相談してから摂取するようにします。

 

妊娠中の女性は基本的には摂取しても大丈夫ですが、念のため、医師と相談してから摂取するようにすると安心です。

 

なお、保管する際には、お子様の手の届かない場所に保管するようにしましょう。

 

ラクトフェリンTOPへ