このエントリーをはてなブックマークに追加

ラクトフェリンのダイエット効果

ラクトフェリン,ダイエット

 

様々な効果があることで知られるラクトフェリンですが、その一つがダイエット効果です。

 

なぜ、ラクトフェリンを摂取することで痩せることができるのかというと、腸内環境を整える効果があるからです。

 

痩せるためにダイエットをする方の多くの悩みが便秘です。痩せるために食事量を減らすと、どうしても食物繊維が不足してしまい便秘がちになってしまいます。

 

便秘になると腸内に老廃物が蓄積してしまうため、腸内環境が悪くなり、悪玉菌が増えてしまいます。

 

ラクトフェリン,ダイエット

 

人の腸内には主に3種類の細菌が生息しています。腸の活動を活発にすることのできる善玉菌、腸の活動を鈍らせる悪玉菌、そしてどちらにもなりうる日和見菌が存在しています。

 

そして便秘がちな腸内には悪玉菌が増えてしまうため、食物の消化吸収機能も低下してしまうのです。

 

消化吸収機能が低下すると、全身に必要な栄養素が行き渡りにくくなるため代謝が低下して脂肪燃焼が上手くいかなくなるため、太りやすく痩せにくくなってしまいます。

 

これがダイエットをする上で痩せにくくさせてしまう要因なのです。しかし、ラクトフェリンには抗菌効果があり、腸内の悪玉菌を減少させる効果があります。

 

ラクトフェリン,ダイエット

 

腸内の悪玉菌が減少すると善玉菌が増えて腸の活動が活発になります。すると蠕動運動により便秘が改善され、消化吸収機能も活発になります。

 

すると全身に栄養が行き渡りやすくなることで新陳代謝が活発になり、脂肪燃焼も促進されるようになります。そのため痩せやすい体質になることができるのです。

 

また、腸内環境が整うことにより様々な栄養素の吸収率が高くなります。

 

そのため脂肪燃焼を促進する効果が期待できる酵素や代謝を促進する生姜エキスなどを摂取すると、さらに体内での代謝活動を活発にし、痩せることができるのです。

 

さらラクトフェリンには内臓脂肪を減少させる効果も期待出来ます。内臓脂肪はダイエットではなかなか落とすことのできない脂肪です。

 

ダイエットと歯周病に関連がある!?

ラクトフェリン,ダイエット

 

体内に蓄積してしまう原因の一つにLPSという成分があります。

 

LPSは歯周病菌が発生する毒素で、これにより歯周病が進行するのですが、それ以外にもこの毒素が血中に入ると血液中のコレステロールや中性脂肪の分解が上手くいかずに増えてしまいます。

 

すると血液中の余分なコレステロールや中性脂肪が内臓脂肪として蓄積されやすくなってしまうのです。

 

つまり歯周病を抱えている方は食事に気をつけていても、血中のコレステロールなどをなかなか減らすことができないため痩せにくいのです。

 

また、自分が歯周病を抱えていると気づかない方もいます。するとどんなに痩せたくても上手くいかない場合があるのです。

 

ラクトフェリン,ダイエット

 

このような作用をする歯周病菌を除去するためには歯科に通ってきちんと治療をすることが必要ですが、それ以外の改善策の一つがラクトフェリンの摂取です。

 

ラクトフェリンにはこの内臓脂肪を増やす原因となっているLPSを抑制する効果があります。

 

そのため摂取することで不要な内臓脂肪の増加を抑制し、痩せやすくすることができるのです。

 

このようにラクトフェリンには腸内の悪玉菌を減少させて腸の活動を活発にすることができるので、代謝を活発にすることで脂肪燃焼を促進すると共に、内臓脂肪の増加を促してしまうLPSを抑制する効果があるため、ダイエット効果が期待出来ます。

 

食事制限をするとどうしても便秘になりやすくなりますが、ラクトフェリンを摂取することで腸内環境を整えることができるので予防することができます。

 

ラクトフェリン,ダイエット

 

また、食事制限だけでは落とすことのできない内臓脂肪も減らすことができるので、体の中から健康的にスッキリとすることができます。

 

体調を整えながら健康的に痩せたいという方にはおすすめの成分です。

 

ラクトフェリンの選び方へ