このエントリーをはてなブックマークに追加

ラクトフェリンヨーグルトは本当に効果があるのか?

ラクトフェリン,ヨーグルト

 

ラクトフェリンヨーグルトとは数社の会社で発売されているラクトフェリン配合のヨーグルトです。

 

一見すると通常のヨーグルトと変わりありませんが、商品名にある「ラクトフェリン」という成分が含まれています。

 

この成分のおかげで「美容と健康に良い」と話題を呼び、現在では人気の商品となっています。

 

「ラクトフェリン」とは乳や涙、汗に唾体などの外分泌液に含まれる鉄結合性の糖たんぱく質です。

 

簡潔にまとめてしまうと「体液に存在している免疫成分を備えたたんぱく質」です。

 

特に人間の母乳に多く含まれており、その濃度は牛乳の10倍となります。この濃度の理由は生まれたばかりの赤ちゃんを細菌やウィルスから守るためです。

 

そのため効果は免疫力の向上や感染防止に関わる作用となります。

 

ちなみの母乳の濃度は日数とともに減少していく特徴があるので、成分が一番含まれている時期は出産後の初乳です。

 

この成分の力は赤ちゃんだけでなく、大人でも免疫力を高めるように働きかけることができます。

 

効果は免疫力を向上させることでがんや感染症を予防できる作用やピロリ菌といった細菌を抑制する作用、それから大腸に存在するビフィズス菌を増殖させて腸内バランスを調整する作用に貧血の改善、内臓脂肪の低下などです。

 

摂取する方法としては牛乳を飲むことでも成分を取り込むことはできますが、そのためには搾りたての新鮮な生乳を1リットル以上飲まなくてはなりません。

 

不可能ではありませんが、可能とも言い難いです。そのため、ほとんどの人は成分が配合されているサプリメントや健康補助食品に頼ります。ラクトフェリンヨーグルトもまた、そのうちの一つというわけです。

 

ラクトフェリンヨーグルトとしての効果は大まかに2つ

 

まず1つ目の効果はノロウイルスの予防ができることです。

 

激しい下痢と嘔吐を引き起こすことで知られているノロウイルスは感染しやすいため、流行しやすい特徴を持っています。

 

しかしラクトフェリンを摂取していた場合、腸内に取り込まれた成分が表面を守るような形で張りついているのですが、これが結果としてノロウイルスを防ぐことになります。

 

理由は簡単で、ノロウイルスは腸から感染して症状を引き起こす性質を持っているからです。そのためノロウイルスの活動を妨害できるというわけです。

 

また腸内のバランスを改善してくれる作用も持っているので、近年注目されている「腸内フローラ」の構築も可能となります。

 

「腸内フローラ」といえばアンチエイジング効果が有名ですが、この効果は2つ目の効果である美肌にも関わりがあります。

 

そもそも肌のトラブルと腸内環境は密接につながっています。腸内環境が悪くなれば自然と便秘になりますが、便秘の状態になってしまうと老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

 

腸に老廃物が溜まるということは新陳代謝の低下を招き、肌の代謝も悪くなってニキビといった肌のトラブルを引き起こすことにつながっていくのです。

 

それを防ぐには腸内のバランスを良くする事が適切といえます。また肌のトラブルを防ぐ効果以外にも肌に良いコラーゲンやヒアルロン酸を活発にさせ、表皮にあるセラミドやケラチンの生成をうながす作用もあります。

 

要するにシワやほうれい線を改善し、肌の潤いを維持できる効果があるというわけです。

 

これらの効果はサプリメントでも十分に得られますが、食品として摂取することで得られるメリットが一つだけあります。

 

それは腸だけでなく、胃の中でも発揮できることです。このメリットは胃を傷つけるピロリ菌から体を守ることに適用されます。

 

以上が効果と話題を呼んでいる理由ですが、何より入手しやすいメリットがあることを忘れてはいけません。

 

ラクトフェリンの選び方へ