このエントリーをはてなブックマークに追加

色々な乳製品でのラクトフェリン効果

健康の維持やダイエットなどの目的で注目されているラクトフェリンですが、毎日の食卓にも登場するような食べ物や飲み物のなかで、この成分が含まれているものとしては、牛乳やヨーグルトやチーズなどの乳製品などが挙げられます。

 

乳製品,ラクトフェリン

 

そのため、ラクトフェリンヨーグルトなどと銘打った製品を購入して、意識して食べ続けてはいるものの、なかなか目立った効果が得られないというケースも、少なからずあるようです。

 

ラクトフェリンというのは、実は熱に弱い物質で、たとえば殺菌などのために一定時間高温にさらされてしまったラクトフェリンヨーグルトのような製品では、すでに成分が破壊されている可能性があります。すでに破壊されているというよりも、ほとんどが破壊されなくなっているという表現が正しいかもしれません。

 

乳製品,ラクトフェリン

 

また、ラクトフェリンを含む食べ物や飲み物は、いったん胃のなかに到達した段階で、胃酸によって分解されてしまいますので、これもやはり効果を発揮できない原因になってしまう可能性があります。

 

要するに、ラクトフェリンの本来のはたらきを最大限に発揮させるためには、製品の側にも腸で確実に吸収されるための工夫が必要になるというわけです。

 

市販のサプリメントのなかでも、こうした点に配慮したものはあまり見受けられませんが、わずかにサプリメントの錠剤に腸溶性コーティングをほどこしたものがあります。

 

乳製品,ラクトフェリン

 

腸溶性コーティングというのは、文字通り、口に入れてから腸に届くまでの過程で、ラクトフェリンの成分が破壊されないようにバリアをほどこした製品のことです。

 

こうした製品であれば、サプリメントは胃で分解されずに腸で溶けることになりますので、体内への吸収がスムーズに進みます。

 

ラクトフェリンを食品でどうしても摂りたいなら

サプリメントに頼ることなくラクトフェリンを摂りたい場合、方法がないわけではありません、牛乳の場合なら、市販されている牛乳は殺菌、熱処理、消毒、保存料などどうしても手が加えられていますので、ほぼ摂ることはできません。ですので搾りたてのできるだけ新鮮な牛乳を飲むとしっかりラクトフェリンを吸収する事ができます。

 

しかし、胃酸で分解はされてしまうので、腸に届くようにするためには大量の牛乳を飲む事が必要になります。(飲んだ分がすべて胃酸で分解されるわけではなく、一部は腸まで届くことが可能のようです、ですので大量に摂らなければ十分な量を腸で吸収する事はできないのが難しい点です。

 

乳製品,ラクトフェリン

 

チーズやヨーグルトも牛乳同様加工食品になりますので、ラクトフェリンを腸で吸収する事はほぼ不可能になります。

 

ラクトフェリンが配合されているヨーグルトも同じです。実際にヨーグルトにラクトフェリンは配合されているのでしょうが、結局、腸に辿り着く前に胃で分解されてしまうので正直効果は現れないのは当然なのです。

 

まとめると、食品でラクトフェリンを摂ることは不可能ではありません、加工済みの乳製品には多少なりともラクトフェリンは残ってはいます、しかし十分な量を摂ろうとすると現実的に不可能な量とコストが掛かってきてしまうので、サプリメントとして開発されました。

 

ラクトフェリンの選び方へ