このエントリーをはてなブックマークに追加

肌の調子を良くしたりダイエットの効果を高めるには、腸内フローラが影響してきます。腸内フローラは、腸の中に住んでいる細菌たちの生態系のことで、最新の遺伝子解析技術で腸内細菌が持っているパワーが明らかになってきました。

 

腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌というのが有名ですが、腸の中には実は100兆以上の数百種類の細菌が住んでいて、細菌の出している物質が美容や健康などに影響を及ぼしていることがわかっています。

 

がんや糖尿病などの病気や肥満や肌のしわなどの体質、そして脳にまで影響があってうつ病とも関係しているのではないかとも言われています。腸内細菌のことが解明出来れば医療にも大きな変革が起きるのではないかという期待もあり、欧米では国家的な研究プロジェクトが動き出しています。

 

腸内フローラを治療活かす臨床研究も始まっていて、人の寿命を延ばすワクチンの開発や抗生物質の発見にも匹敵する衝撃があるとも言われています。

 

ラクトフェリン,腸内フローラ,ダイエット

 

腸内フローラはダイエットにも関係があり、実際同じ物を食べても結果が違ったり生活習慣を送っていても病気になる人とならない人がいます。

 

腸内の細菌生態系の力によって、ダイエットや健康に長寿も実現可能になります。腸内環境を整えるにはヨーグルトや納豆、みそやしょうゆ、糠漬けなどの発酵食品がよいです。

 

太る人は悪玉菌が多い腸内環境になっていて、食生活も食物繊維や発酵食品をあまり食べないと太ります。悪玉菌が優位になってくると、食べた食品のエネルギーを漏らさず全て回収するためです。

 

善玉菌はエネルギーの回収が穏やかで太りにくく、肥満は食べる量よりも食べる質が問題のようです。ダイエットに向いていない物ばかり食べると少しでも脂肪になりやすく、向いている食べ物だと食べ過ぎても栄養が通り過ぎます。

 

成功させるには無理な食事制限よりも、腸内フローラを健康的に保つことが大切です。食物繊維と発酵食品など腸内環境に良い食事を心がけるようにすることが成功への近道です。

 

ラクトフェリンで腸内フローラの改善を効率よく