このエントリーをはてなブックマークに追加

ラクトフェリンで腸内環境・腸内フローラを整える

人間や動物の腸にはたくさんの菌があって敷き詰められた状態がお花畑のように見えるため、腸内フローラと呼ばれています。その状態は人それぞれ違いますが、腸に住む菌には有益な善玉菌と、有害な悪玉菌そして日和見菌の3種類があります。

 

腸内フローラは善玉菌と悪玉菌が日々勢力争いを繰り返しています。日和見菌が7、善玉菌が2、善玉菌が1という割合が理想的と言われていますが、実際の私達の腸内フローラでは日和見菌が7、善玉菌が1、善玉菌が2という割合の方が多くなっています。日和見菌は強い方の味方をするので悪玉菌が多ければ、悪玉菌と同じような働きをします。

 

ラクトフェリン,腸内フローラ,腸内環境,改善

 

乳酸菌、ビフィズス菌に代表される善玉菌が優勢であれば免疫力アップで、消化吸収を助けて腸の働きが促進され感染症などを予防します。大腸菌に代表される悪玉菌が優勢になると、腸内が腐敗して体調不良をおこし悪臭になって発ガン性物質の危険性も高まります。

 

そこでラクトフェリンを摂取すると善玉菌を増やすことができます。ラクトフェリンには強い殺菌力があって腸内フローラの悪玉菌のみ殺菌する効果があります。とくに母乳には、多くのラクトフェリンが含まれています。授乳をすることで免疫力が未熟な新生児を様々な細菌から守る大切な働きをしています。

 

また乳酸菌は腸内にある善玉菌の一種で、腸内フローラの環境を整えるためにはかかせない細菌です。乳酸菌をしっかり摂取すると、便秘や下痢の改善、免疫機能が上がりアレルギーの抑制など様々な効果があります。

 

ラクトフェリンと乳酸菌は似ているようで全く違う成分です。ラクトフェリンはタンパク質の一種で、乳酸菌は細菌の一種です。ラクトフェリンは乳酸菌が働きやすいようにサポートして、悪玉菌の栄養となる鉄を奪って死滅させます。またラクトフェリンや乳酸菌の取り過ぎもお腹が緩くなって悪影響を及ぼします。腸内フローラは、ラクトフェリンと乳酸菌の絶妙なバランスで良い環境を保たれています。

 

ラクトフェリンランキングはこちら